- - - 長い間ありがとうございました - - -

今までも少し途絶えがちではありましたが、これで一応この掲示板は休眠とさせていただきます。10年間ありがとうございました。今後はHPのトップページで、近況をお伝えしていきたいと思います。ここに載せた画像はギャラリーでご覧いただけます。







::::: HOME :::::
■■風の色 海の色 バルセロナ色 ■■


メッセージをどうぞ
 Name
 E-Mail
 U R L
 Title
 Message
 文字色
 File
大きさ100KB以下( jpg, gif, jpeg, mid, png, txt )
 Pass
投稿用PASS


秋深し
ベルの乳母  
今朝は0度に下がった森、耕されたばかりのなだらかな麦畑の丘陵が、一面に霜で粉をふいたように見えます。

11月に入って猟が解禁されたので、木曜と土曜は森はざわついていましたが、今日は日曜、この辺りには散歩の人や自転車群団、フッテイングと、大勢の人が出てくるので、さすがに避けているみたい。

猟犬の吠え声や銃の音に反応する事もなく、のんびりと早朝散歩を楽しみます。後ろからご主人さまと走ってきたハスキー君と、マツとランはしばしじゃれっこ。遊びたくて飛び跳ねていました。

この仔たち、17日には5歳になります。
Date: 2008/11/16/19:43:21   [609]
IP: 88.24.96.103

Re:秋深し
ベルの乳母  
もちろん、ママのベルも元気。突然子供たちを追いかけて森をぐるぐる走ったり。でも、長くは続かない〜。もうすぐ10歳です。
Date: 2008/11/16/19:45:14   [610]
IP: 88.24.96.103



オーナーズ・ガイドブック
ベルの乳母  
バルセロナも暑い日が続いています。我が家の3ダルも、早朝と日暮の散歩以外はほとんど寝ています。羨ましい〜。


さて、久しぶりに少し「ダル百科」のリニューアルをしました。そして初めてダルを飼う方の参考になるように、「オーナーズ・ガイドブック」を書き始めました。先は長〜い構想ですが、少しずつ。

http://www.bosquedesantcugat.com/guidebook/index.htm
Date: 2008/08/04/03:38:46   [608]
IP: 83.46.47.208



イングリッシュ・ポインターとの交配
ベルの乳母  
ダルメシアンが尿路結石になりやすい事は、皆さんご存じだと思います。これは尿酸を分解する酵素ウリカーゼを進化の過程で失ってしまったからだと言われています。(詳しくは、尿路結石の記事参照)
http://www.bosquedesantcugat.com/dalhyaka/kesseki.htm
それに関する興味深い記事を見つけましたので、ここにご紹介します。

イングリッシュ・ポインターとの交配

全犬種と同じくダルメシアンも、尿酸を体内に貯め込むという体質を持っている。しかし他の犬種と異なって、尿酸を分解する酵素(ウリカーゼ)の「正常な」遺伝子は全く存在しない。したがって、純粋種のダルメシアンには体内に溜った尿酸を排出する可能性が全くない。そして、この問題の唯一可能な解決法とは「正常な」ウリカーゼの遺伝子を再注入するために、他の犬種をダルメシアンと交配する事である。
この考えがイングリッシュ・ポインターとの交配によって、彼らの正常なウリカーゼ遺伝子をダルメシアンに再注入する事を目指すプロジェクト「Dalmatian-Pointer Backcross Project」の基礎となった。このプロジェクトは1973年にRobert Schaible博士によって始められた。
混合種f1はあまりダルメシアンに類似していなかった。このf1をダルメシアン純血種と交配したところ、よりダルメシアンに類似した仔犬が産まれた。1981年の第5世代においては、Schaible博士がこの混合種が純血種のダルメシアンと共に登録できるように、アメリカ・ケンネルクラブ(AKC)を納得させたほどに非常にダルメシアンに類似していた。アメリカ・ダルメシアンクラブ(DCA)の理事会はこの決定を支持したが、会員の中で急速に大議論が沸き起こった。DACの会員による投票において、混合種の仔犬はダルメシアンとして登録する事が否決された。
だが2006年5月に開催されたDCAの年次総会において、会員は再びこの混合種によるウルカーゼ再注入問題について議論した。同年6月にはBackcross Projectの議論を再開させるかどうかの賛否を問う投票が行われ、アメリカ・ダルメシアンクラブがBackcross Projectをサポートするかどうかを再検討する事がおよそ2対1で支持された。それに関する記事が発表され、プロジェクトの為の詳しい情報を両面から提示する形で、まずプロジェクトの必要性に関する質問という形で議論が始まり、2007年5月現在、この議論は継続中である。
Date: 2008/07/19/06:40:08   [607]
IP: 88.24.99.250



生きている惑星11話 最終章
ベルの乳母  
昨年の9月から掲載を始めたカッファのシリーズも、とうとう最終章を迎えました。
単行本になる事無く眠っていたこの素敵な世界を、個人的なサイトではありますけれど、ご紹介できた事、とても嬉しく思っています。ご愛読ありがとうございました。

http://www.bosquedesantcugat.com/planeta/cap11/gueparda.html
Date: 2008/07/13/18:07:50   [606]
IP: 88.24.99.250



生きている惑星10話
ベルの乳母  
今回はインド象のお話なのですが、このシリーズ中で最も私の心に残っているお話。死に行くものと今を生き抜いていくもの、でも遠い祖先からの呼び声は、時代を超えて受け継がれていくのかもしれませんね。

http://www.bosquedesantcugat.com/planeta/cap10/elefante.html

さて、次回がいよいよ最終回です。お楽しみに。
Date: 2008/06/28/06:53:13   [605]
IP: 88.24.99.250



現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16]
No. PASS
No. USER PASS
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

::::: HOME :::::
05507
[TOP]
shiromuku(bu2)BBS version 2.82